税理士の先生に聞いてみたい医療費控除の適用範囲

年に一度の確定申告は漏れがあってはいけません。漏れがあると後々が大変になってくるので、ここはしっかりと記述しなければなりません。近年では、必要な手続きが前もって必要ですが、それさえ準備が整えればネットでの確定申告を済ませることができるようになりました。確定申告に備えて病院の領収書を保存しているのですが、医療費控除の基準についてよくわからない部分があります。そこで税理士の先生に、医療費控除の適用範囲について具体的に聞いてみたいと思っているのです。医療費控除というものは年間の医療費が10万円を超えたら、医療費控除で一部返ってくるというものです。医療費控除額=(医療費控除の対象になる医療費 - 保険金等で補てんされた金額) - 10万円(総所得200万円未満の人は総所得金額等×5%)という計算で出すことができます。同じ控除額でも税金をいっぱい払っている人はそれだけ還付金も多く、少ない人は還付金も少ないと言う事になりますのでお間違えないように。

ミャンマー 税務はアップロードミャンマーが承ります。 882

自由診療の場合の医療費控除

特に病院で治療を受けたときに、保険治療以外の自由診療の場合も医療費控除の対象になるのかどうかを、税理士の先生に聞いてみたいと思います。また薬局で市販されている医薬品の購入は、控除の対象になるケースがあるのかどうかもお尋ねしたいと思います。確定申告で控除されるものが正直詳しくわかっていない為、本当ならば控除されるものも今まで提出できずにきているのではないかと不安があります。医療費控除についてもどこまでが適用されるのかきちんとした知識がないため、確定申告の時期になると不安になります。生きているだけで税金を取られるなんて本当に参っちゃいますよね。

Copyright ©All rights reserved.税理士会計士情報 .