税理士さんにお聞きしたいです。

相続に関することはとても慎重にならなければなりません。遺言書がない状態で、あーだったこーだったとなって正確な書類がない状態ではどう転がるかわかりません。きちんと親は子のために遺言書として残しておかなければなりません。遺言書も種類があり、もっとも有名なのが「自筆証書遺言」です。だれでも簡単に作成できる点がとてもいいのですが、即作りなおせるので、後で変更される可能性もあります。紛失、変造、隠匿(隠すこと)等の可能性も高く、遺言の要件を満たしていないと無効な遺言となる可能性があります。家庭裁判所での検認も必要となります。税理士さんにお聞きします。現在、在住なのですが、不動産の相続等の手続きは税理士さんにお任せしたほうがよいでしょうか。地元の方のほうがその自治体に詳しいのかと思っているのですがそのあたりはどうでしょうか

881

別に群馬県軽井沢にも一軒家があるのですが、かなり遠距離になるのですが、一緒に税理士に対応してもらえるものなのでしょうか。それとも在地の税理士さんに別に相談したほうがよいのでしょうか。悩んでいます。よく家に関する相続問題や現金の相続問題が多いです。これらも相続税がかかりますのでいくら手元に残るのかなど必ず相談したほうが納得いくでしょう。ですか。何がありましたっけ。私田舎者なもので。高層マンションしか思いつかないです。あ、あとお台場ですか。以前勤めていた会社に、出身の新入社員がいました。とっても生意気ですごく嫌でした。何かにつけてのお金持ち的なニュアンスで話してくる彼は、周りからも好かれてはいませんでいたけどね。

Copyright ©All rights reserved.税理士会計士情報 .